気になる毛根から原因を追究 > 生えにくい場所ですが

生えにくい場所ですが

頭部の際には、髪の毛が生えにくいと言われています。
そのため、M字型に禿げたりするのです。
見えやすい箇所が薄くなってきて、育毛剤等を使う人が多くいますが、
なかなか効果を実感できなかったり、
効果を実感するまでに時間がかかったりしています。
そもそも生え際とはどこの部分を言うのでしょうか。

生え際とは髪の毛が生えている頭部と髪の毛が生えていないおでこの
境目の部分のことを指します。
ここは髪の毛が生えにくい場所であるだけでなく、
更には髪の毛が抜けやすい部分であると言われています。

普段生活していると生え際とおでこを注意してみることはあまりないと思います。
そのため、生え際が禿げ上がっているのか等について気が付かないのですが、
髪の毛が薄くなってきたと気が付いたときに
は既に時遅しとなっている事が多いのです。
実は既に禿げが進行してきているのです。
つまり、ただ単に生え際だけではなく
他の頭部も禿げが進行している可能性が高いのです。

そんな禿げを放置していては、折角生える髪の毛も生えなくなってしまいます。
生えるようにするためには、禿げてきたかなと感じる前からケアをしていくことです。
おでこが広くなったと感じてからでは遅いのです。
他人におでこが広くなったんじゃない、
と言われた時には禿げていると言われたのも同然なのです。

確かに生えにくい箇所ではありますが、絶対に生えないと言うことではありません。
自分に合った育毛剤を見つけて増えると信じて根気良くケアをしてあげてください。