気になる毛根から原因を追究 > 専門医で安心を得る

専門医で安心を得る

男性ホルモンの過剰分泌が原因で起こる抜け毛や薄毛は、
AGA(男性型脱毛)と呼ばれています。
以前は、加齢とともにホルモンバランスが崩れ、
その結果起こると考えられていたAGAですが、
現代では若い人たちの中にもこの悩みを抱えている人は多いようです。

症状を抱える人が増えたことから研究が進み、生活が不規則だったり、
ホルモンや皮脂の過剰分泌を遺伝的に引いている人などに
症状が起こりやすくなることが解明されてからは、
それらを緩和するための治療法の開発も進み、
AGA専門の治療機関も随分と増えてきました。
また、多くの人が同じ悩みを抱えていることが広く知られるようになってからは、
率先して皮膚科やAGA専門医にかかる人も増え、
近頃ではその悩みから解放されている人も多いようです。

薄毛や抜け毛は、毛根に存在する成長因子が激減することで起こる症状です。
不規則な生活や頭皮の汚れなどが原因の、
一時的な栄養や酸素不足でこの症状が起こっている場合は、
そのほとんどを自発的なケアで改善することが出来ますが、
遺伝や体質によって男性ホルモンや皮脂の過剰な分泌でそれらが起こった場合には、
養毛剤といった外側からのケアだけではなかなか効果が出ないのが実情です。

成長因子は、正門的なケアや治療無くして圧倒的に増やすことは不可能だからです。
ですから、長く不規則な生活を続けていた人や、過剰なストレスに曝され続けた人、
遺伝的にそういった体質であると思い当る人などは、
セルフケアではなく専門の医療機関で治療をしてもらうことが早道であり
最もお勧めの対策と言えます。